Pagelist

旅行先で気を付けるべきことは現地のルールと入出国対策と荷物

ミルフィーユの発祥の国へ旅行する場合はその言語を知っておこう 外国旅行をする場合は日本国内と違って日本のルールやマナーは通用しません。外国へ旅する場合は郷に入りては郷に従えというわけで現地のルールとマナーを理解しておかねばなりません。まず気を付けることは現地の国への荷物の持ち込み対策となります。その荷物で特に気を付けることは一部の飲食品類となります。飲み物類は航空機内でテロの爆弾の材料として使用される懸念があるため持ち込まないようにしなければなりません。これに関連してやはりお土産用として売られてるのを除いては食べ物類も基本持ち込まず、機内では機内食や機内販売してる商品購入で済ませるようにしなければなりません。

他の飲食類を持ち込まないようにする理由は現地の国で持ち込み禁止対象に挙げられてる場合があるからです。シンガポールなどは治安が日本以上に厳しいのでタバコやガムを無断持ち込みすると10万円を超える罰金などが待ち受けてます。オーストラリアやアメリカなどでは乾燥したインスタント食品も粉ミルクを含んだ離乳食なども禁止の対象になっていたりしますので注意をしないとなりません。そして同時にさらに気を付けることは入国の際の申告書の存在です。これらは英語で書かれていて英語が堪能でない人はそれを理解するのが難しいかもしれませんが、だからといってその記入を怠ると荷物検査の際に非常に厳しい取り調べや制裁が待ち受けてます。そのため内容が理解できなければ入国カウンターに並ぶ前に日本語がわかる職員はいないか的な対応を空港職員に質問して同伴の上で申告書に記入する必要があります。

Recommend

Copyright (C)2019ミルフィーユの発祥の国へ旅行する場合はその言語を知っておこう.All rights reserved.